Kria SOM:アヴネット株式会社

MV_イメージ
MV_イメージ

アヴネット株式会社が有する量産対応 Kria SOMはワットあたりのAI性能が優れ低レイテンシを実現できる、ザイリンクス社FPGA/SoC/ACAPデバイスを搭載した組み込みAI向け評価/量産ボードです。

量産対応 Kria SOM

ビジネスケース事例

ザイリンクス社FPGA/プログラマブルSoC/ACAPは、エンドポイントから、エッジ、クラウドに至るまで、多種多様なテクノロジで迅速なイノベーションを可能にする、特定アプリケーション向けに高度に最適化できるシリコンハードウェアです。

コニカミノルタと東京大学の高前田 伸也准教授が共同開発された、オープンソースの高位合成コンパイラ「NNgen(エヌエヌジェン)」を使用する事で、ハードウェアの深い知識がないエンジニアでも、ディープラーニングの学習済みモデルから、FPGAで高速に動作するアクセラレーターを効率的に開発できます。また、ザイリンクス社のVitisAIやVitisアクセラレーションライブラリにも対応しており、産業用ビジョン、医療、ビデオ監視などでAI処理をリアルタイムに実施する製品やサービスを開発できます。

 

応用可能性のある分野

産業機器、民生用電子機器、医療機器 等
DXを加速させるFORXAIをもっと知る
資料ダウンロード
※現在準備中
CTA_X_画像
FORXAIのソリューションについて


pagetop