IoT Platform

MV_イメージ
MV_イメージ

エッジデバイスとクラウドを容易に連携可能なIoT共通基盤

コニカミノルタは画像IoT/AI戦略を掲げ、様々な領域で事業を展開しています。そこでコニカミノルタではIoTの共通基盤となるFORXAI IoT Platform(以下、IoT Platform)を開発しました。
IoT Platformは、エッジデバイスとクラウドをセキュアかつ容易に連携し、データ管理とAI処理を実行させるための技術群です。

主に以下の機能を有します。

  • デバイスから取得されたデータの管理、デバイスのリモート監視などの管理機能
  • デバイスクラウド間のデータ通信、リモート監視のための通信機能
  • 通信不通・異常検知の際の通知機能
  • デバイスやクラウドへのAI搭載・処理機能
  • アカウント管理やセキュリティー担保などビジネスアプリケーション構築の支援機能

IoT Platformの概要

IoT Platformはクラウド・エッジ・デバイスの3階層で構成されており、必要とされる機能を各階層にあらかじめ用意しています。

クラウド

エッジでAI処理されたデータの保管や検索、管理者への各種通知、デバイスのリモート監視などの機能を実現するAPIを用意しています。

エッジ

エッジは現場に設置されたコンピューター等の処理装置を指し、デバイスから受け取ったデータに対してAI処理を実行し、クラウドに処理結果を送信するなどの機能を担います。

デバイス

デバイスは現場に設置する入出力センサー、およびそれらを制御する組み込みシステムを指します。デバイスで取得されたデータがエッジに送信され、AI処理が実行されます。

活用事例

DXを加速させるFORXAIをもっと知る
CTA_X_画像
FORXAIのソリューションについて


pagetop