catch-img

技術開発本部 2021年度入社 新人発表会 ~新人編~

アーキテクチャ開発部の中西です。
今年度入社2年目となる駆け出しエンジニアです。

新入社員の1年間の成長を振り返る新人課題発表会が開催され、私を含めた入社2年目のメンバー9名が発表を行いました。

今回はその振り返りを報告します。


目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.新入社員1年目の過ごし方と目標
  3. 3.新人課題発表会
  4. 4.おわりに

はじめに

簡単に自己紹介です。

私は高校時代にロボットに興味を持ち、大学ではロボット工学を専攻していました。
課外活動にも積極的に参加し在学中に参加したロボコンは数知れず。
競技会やつくば市の実験走行など多数のイベントに首を突っ込むほどロボットに熱中していました。

現在はコニカミノルタ独自のAIアルゴリズムをハードウェア上で高速に動作させるためのAIアクセラレータ開発をしています。


新入社員1年目の過ごし方と目標

新入社員は入社するとすぐに新人研修が始まります。
社会人の基礎を学ぶ課程と自身の専門分野に即した専門スキルを学ぶ課程を経て、部署で業務を進めていくようになります。


コニカミノルタでは、メンター制度を採用し、新入社員一人に対して一人の先輩社員が付き、メンターが仕事の進め方や社会人生活の不安などをメンティーにサポートしてくれます。
新入社員は業務と成果報告を繰り返していくことで能力を伸長させていきます。


新人課題発表会では、どのような成果を上げたかだけでなく、1年間での業務への取り組む姿勢も重要なポイントです。


新人課題発表会

発表会は八王子サイトで開催されました。


当日はそれぞれの発表の冒頭にメンターからユーモア溢れる新人紹介があり、私のメンターも楽しく新人紹介をしていただいて会場を笑いで彩ってくれました。
発表することに緊張していた私にとって、それは渡りに船、場の空気が和らぎ発表しやすくなりました。感謝です。
ちなみにその時のスライドの一部をちらっとお見せします。



私の発表では1年間の業務の中で最も印象的だったものを1つ取り上げました。
それは、協力会社のカメラに新規アルゴリズムを載せる際に必要となる、
回路規模・実行速度の見積もりです。
自分の担当業務が社会に反映されるのが印象深かったため、
ほかの人にも知ってほしいと思いました。

私が業務を進める中でどこに苦労してどのように考えて行動し、
どんな学びがあったのかを中心に説明すると、
聴講している方たちもうんうんとうなずいて、真剣に聞いてくださいました。

質疑応答では鋭い質問・コメントもありましたが、
励ましのお言葉をいただくことが多かった印象です。

また、将来どうしていくのか問われることもあり、自身で考えた答えを伝えました。


私以外の発表メンバーもそれぞれが1年間で取り組んだことについて発表をしました。
ある人は、現場を知るために沖縄まで行って実地調査をし、
自身のアルゴリズム検討に役立てたり、
またある人は、機械学習のサイクルを効率よく回すためのメソッドを考え抜いたりと、
それこそ十人十色の1年間を送ってきたのだなと改めて思いました。


おわりに

私はこの日のために何度も練習してきたので、本番では練習したとおりに発表をするだけでした。
セリフが飛んでしまい一瞬止まるシーンもありましたが、
なんとか無事に発表をやり切ることができました。
発表を終えた今、改めて一人のコニカミノルタ社員としての自覚を持ちながら研究開発に取り組もうと息巻いております。




コニカミノルタは画像IoTプラットフォームFORXAIを通じて、お客様やパートナー様との共創を加速させ、技術・ソリューションの提供により人間社会の進化に貢献してまいります。


本イベントと同様の内容については以下の採用情報ページをご覧ください。

  新卒採用情報 - 採用情報 | コニカミノルタ コニカミノルタの新卒採用サイトです。募集要項や募集職種などの採用情報から、プロジェクト紹介、社員インタビューなどを掲載しています。ぜひご覧ください。 KONICA MINOLTA


Yuya Nakanishi
Yuya Nakanishi
技術開発本部FORXAI開発センターアーキテクチャ開発部 AIアクセラレータのBSP開発を担当


pagetop