NVIDIAの「Jetson AGX Orin」により
ヒトの姿勢をAIで認識する骨格検出技術が20倍の速度に

 コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:大幸 利充、以下 コニカミノルタ)は、NVIDIAのエッジコンピューティングプラットフォーム「NVIDIA Jetson AGX Orin (エヌビディア ジェットソン エージーエックス オーリン)」を利用することで、ヒトの姿勢をAIで認識する独自の「FORXAI(フォーサイ) Imaging AI」骨格検出技術(以下 骨格検出技術)を従来*の約20倍の速度で動作させることに成功しました。
 この高速動作のデモが、NVIDIA主催のオンラインセミナー「NVIDIA AI DAYS 2022」(2022年6月23日)にて行われます。

【「FORXAI Imaging AI」骨格検出技術とは 】

 コニカミノルタの骨格検出技術は、AIが映像中の人物を自動検知し、その骨格を高速に検出することで、どのような姿勢をとっているかを推定する技術です。この技術は、情報機器や医療機器の画像処理で高速化を追求してきた経験を活かして、認識精度の高さと高速処理の両立を実現しているだけでなく、エッジコンピューティングによって、低消費電力、低コストも実現しています。

お知らせ(ニュースリリースサイト)

 

NVIDIAの「Jetson AGX Orin」によりヒトの姿勢をAIで認識する独自の骨格検出技術が20倍の速度に ~ 「NVIDIA AI DAYS 2022」にて高速動作デモを公開 ~

 

 

また、本件ニュースリリースに掲載されているFORXAI技術は以下のリンクよりご確認ください。

【関連リンク】

画像IoT技術:FORXAI(本サイト内)

 

DXを加速させるFORXAIをもっと知る
CTA_X_画像
FORXAIのソリューションについて


pagetop