コニカミノルタとキンドリル、スマートファクトリーやスマートシティ領域のDXを推進

コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長 兼 CEO:大幸 利充、以下「コニカミノルタ」)とキンドリルジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:上坂貴志、以下「キンドリル」)は、スマートファクトリーやスマートシティ領域において、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し社会課題を解決するための画像IoTソリューション事業で協業することを発表しました。
両社は、コニカミノルタの画像IoTプラットフォーム「FORXAI(フォーサイ)」を中核としたソリューションと、キンドリルが持つITインフラの構築から運用までを行う豊富な実績や技術力を生かし、企業や自治体に対して共同で提案活動やシステム構築を行います。

近年、様々な業種業態における製造現場で顕在化している設備保全、安全品質の向上といった課題に対し、画像IoT技術による見える化を通じた課題解決へのニーズが高まっています。しかし、画像や動画を利用するDXでは、システム内で大容量のデータのやりとりが必要となり、既に稼働しているITシステムに負荷をかけて停止させるリスクがありました。さらに、現場に導入された様々なカメラやデバイスが拠点や組織ごとに独立した仕組みで運用されて、一元的に管理されないことが、設備異常や情報共有の遅れ、さらには画像データを活用した迅速な意思決定や対応を阻む原因になっていました。
この度の協業により両社が提供するシステムは、様々なカメラやデバイスからの多くの画像・動画情報を一元管理し、これにAI処理を加えた情報を、各拠点や組織に共有します。現場(エッジ)サイドでの情報処理によってシステム内でやりとりするデータ量を抑えつつ、データ量に応じた最適なITインフラ環境を提供することで、既存システム停止リスクを低減することができます。これにより、製造業における生産性の向上や、設備保全、安全品質の向上といった課題解決に貢献します。
近い将来には、このスマートファクトリー領域で得られたノウハウを、自治体の防災面での安全な街づくりに活かすことで、スマートシティ領域におけるDX推進を目指します。

お知らせ(ニュースリリースサイト)

コニカミノルタとキンドリル、スマートファクトリーやスマートシティ領域のDXを推進 社会課題の解決に向け、画像IoTやAIを活用

 

また、本件ニュースリリースに掲載されているFORXAI技術は以下のリンクよりご確認ください。

【関連リンク】

画像IoT技術:FORXAI(本サイト内)

 

DXを加速させるFORXAIをもっと知る
CTA_X_画像
FORXAIのソリューションについて


pagetop